二人目の幼稚園無償化はいつから?所得などの条件や申請のやり方を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼稚園二人目無償化と言うニュースがありましたが、意外とニュース番組では詳しく報道してくれませんよね。さらっと流されて条件や時期など詳しく理解できないまま次のニュースに…なんてことよくあります。

幼稚園二人目無償化はいつからなのか、所得などの条件、申請のやり方などを知りたくて検索されて今このページを読まれていると思います。

  • 幼稚園二人目無償化はいつからなの?自分の子供の時期と被るか確認したい
  • 幼稚園二人目無償化の条件はあるの?所得はいくらから無料の対象になる?
  • 幼稚園二人目無償化の申請時期ややり方は?

など、気になることを調べてまとめてみましたので参考になればと思います。

スポンサーリンク

二人目の幼稚園無償化はいつから?いつから前倒しになったの?

幼稚園無償化のニュースが流れて一番知りたいのは時期ですよね、自分の子供が対象になるのがが一番きになりますからね。

  • 無償化は2019年10月から
  • 2020年の4月から約半年前倒しになった

という事のようです。

約半年前倒しになって10月になっていますが、どうして10月からなんでしょうか?中途半端な時期だなーと私は暢気に考えていたんですが、もちろんそれにもちゃんと理由がありました。

それは消費税増税が2019年の10月からだからなんです。

消費税は誰でも支払わなければならない税金ですが、これが上がると家計にかなりのダメージですね。1000円の物を買うと100円の消費税って本当に馬鹿にできない金額になります。

この負担を減らして、少子化対策も兼ねて二人目を無償化しようという事になったようですね。

 

二人目の幼稚園無償化になる条件は?対象の年齢や所得条件を確認しておこう?

やっぱり気になるのは無償化になるか?ならないか?だと思います。年齢によって変わってきますのでそれぞれ見てみましょう。

0歳~2歳の場合

  • 住民税非課税世帯(年収約250万円以下)のみ対象

    • 認可施設(認可保育所・認定こども園)は無償化

    • 認可外施設(地域型保育、企業主導型保育事業(標準的な利用料))は月4万2,000円まで

3歳~5歳の場合

  • 3歳以上は全世帯が対象(幼稚園(4時間程度)については満3歳から、保育所については3歳児クラスから無償化)
    • 認可施設と幼稚園は無償化(高額な幼稚園は、一部負担あり)
    • 認可外施設は月37,000円まで
    • 幼稚園の一時預かりは月37,000円まで

 

ただし、すべて無償化といわけではなさそうなので注意が必要です。稚園や保育園から徴収される実費(送迎日、食材費、イベント費)などは無償化の対象外のようです。

 

そして、内閣府のHPを見ていて1つ気になったことがあるのですが、どこにも「二人目」と言う文字がなかったのです。

一人目、二人目、三人目…と条件があるのかな?と色々と調べてみたのですが、詳細は分からなかったので問い合わせて聞いてみようと思いまうす。

スポンサーリンク

わかり次第追記していきたいと思いますのでお待ちください。

 

二人目幼稚園無償化の申請の方法や時期はいつ?

二人目幼稚園無償化の申請時期や方法についてはまだ詳細は分かりませんでした。

現在検討中と内閣府のHPに掲載されていました。

内閣府 子ども・子育て支援制度

ただ、住んでいる自治体や園によっても申請時期や方法が違ってくると思いますので、必ず自治体や園から貰う書類をきちんと書いて期日内に提出するようにしましょう。

二人目幼稚園無償化になったら起こりうる問題って?タダになっても素直には喜べない?

無償化になるのは主婦としては、とっても嬉しいことですがそこだけに注目していると他に問題があることを見逃してしまいますよ。

「タダより高いものはない」なんて言うぐらいですから、少し冷静になってどんな問題があるのかを考えてみましょう。

私が思いつく限りでは3つありました。

  • 待機児童問題の加速
  • 保育や教育の質の低下
  • 保育士の人材不足

消費税増税で出費が増えて、さらに無償化になるなら預けたいという人も増えると思いますが、それによって人材不足になることも考えられます。保育士さんは低賃金で拘束時間が長く、かなり大変なお仕事だと聞いたことがあります。

そのせいか求人情報には保育士募集の求人がよく見られますね。

そして、質の低下はニュースでよく悲惨な事件を見ますが、園での事故や事件が心配されますね。保育士の人材不足により目が届きにくくなって、事故が起きてしまう可能性だってあります。

もちろん、それを防ぐためにも職員の方々は一生懸命頑張っていらっしゃると思いますが子供の行動は予想できないので絶対に起きないとはいいきれません。なるべく無理のない範囲で保育や教育をしてほしいですね。


まとめ

いかがでしたでしょうか?制度と言うと難しく考えてしまいますが、自分の家庭は住民税を払っているなら3歳(幼稚園は満3歳から、保育所は3歳児クラスになって)からと覚えておいてください。

そして、要点をいくつかまとめてみました。

  • 2019年10月より二人目無償化(幼保無償化)の実施
  • 2019年10月より消費税10%に増税
  • 0歳~2歳は住民税非課税世帯(年収約250万円以下)のみ対象
  • 0歳~2歳は認可外施設(地域型保育、企業主導型保育事業(標準的な利用料))は月4万2,000円まで
  • 3歳以上は全世帯が対象
  • 3歳以上は認可外施設は月37,000円まで
  • 幼稚園(4時間程度)は満3歳になってから、保育所は3歳児クラスになってから!
  • 実費(送迎日、イベント日食材費などは対象外)

まだ発表されたばかりなので詳細は分からなかったのですが、随時追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*